最新の記事
味覚障害の種類や検査方法
at 2015-05-20 23:14
味覚障害は早く治そう
at 2015-01-07 00:01
プルクルプラセンタ
at 2015-01-06 23:59
やわたの北の国から届いたブル..
at 2015-01-06 23:57
以前の記事
2015年 05月
2015年 01月
検索


<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

味覚障害の種類や検査方法

味覚障害というのは、味覚に何かしらの異常が出てしまっていることで発症してしまう病気となっています。

この味覚障害にもいくつかの種類に分かれています。

・悪味症
・異味症
・解離性味覚障害
・自発性異常味覚
・味覚減退

このように5つの味覚障害があります。

この中で味覚障害として多いのは、味覚減退です。味覚障害になってしまう人の60%~70%ほどの人が味覚減退になってしまっているといわれています。

味覚に問題が生じてしまうと、味がおかしく感じてしまった、美味しく感じなくなってしまいます。また、味が薄いと思うようになってしまいやすく、塩分などを入れすぎてしまって、高血圧などのような生活習慣病のリスクを高めてしまうということだってあるのです。

味が分からなくなってしまうと、傷んでしまった食べ物を食べたとしても、味で気づくことができずに、健康を損なってしまう危険性も高まります。味覚障害になっていて、放置をしていても解消されるということもあるのですが、自然治癒で治るということはあまり多くありません。反対に放置してしまっていることによって、慢性的に味覚障害になってしまって、治療が難しくなってしまうということもあるのです。

ですから、味覚障害になってしまって、2週間程度経っても症状が良くならないのであれば、病院に行ってください。味覚障害の場合は、何科に行くべきなのかというと耳鼻咽頭科です。味覚障害になっているかどうかを調べるための方法というのはいくつかあるのですが、大体の場合2つの検査方法で調べることになると思います。

まず濾紙ディスク検査といわれる検査方法があります。

これは味のサンプルが染み付いている濾紙を舌に置いて、どんな味がするのかを調べるというものです。これによって、味覚の中でどの味に対して異常を感じるのかを調べたりすることができるようになります。

もう一つは、ステンレスで作られた器具を舌に乗せて、微弱の電流を流します。この電流を流した時に、釘をなめているような味を感じるのであれば、味覚は正常ということになります。反対に味覚障害になっているのであれば、他の味を感じたり、電流に気づかなかったりします。

何が原因で味覚障害になっているのかを特定するために、普段の生活や病気などについて問診されることになります。そして、問診をした後に、血液検査などで、さらに原因を特定していきます。

血液検査では、亜鉛と鉄分は十分にあるのかを調べます。問診などをした結果、精神的な要因があると判断された場合、心理テストも行われることになります。そして、唾液があまり分泌されておらず、これによって味覚障害になっている疑いがあるのであれば、唾液がどれくらい分泌されているのかを把握するためにガムテストが実施されることになります。

味覚異常というのは、6つの原因が考えられます。味覚異常の原因として特に多いのは、薬剤性味覚障害といわれるものとなっています。長期的に、抗がん剤や抗生物質などの薬を服用していると、通常よりも亜鉛が吸収されにくくなります。これによって、亜鉛が不足している状態になってしまって、味を正常に感じることができないのが、薬剤性味覚障害といわれるものとなります。

そして、この亜鉛不足によって、亜鉛欠乏性味覚障害と診断されることもあります。また、心因性味覚障害というものがあるのですが、これは精神的にストレスを感じていたり、感情の起伏が激しい時に生じてしまうことが多い味覚障害となっています。

このように、味覚障害というのは、色々な種類があります。どちらにしても、亜鉛をしっかり摂取するようにして、味覚障害にならないように予防をしていきましょう。亜鉛を摂取するなら亜鉛のサプリメントがおすすめです。



[PR]
by rigaruhai2014 | 2015-05-20 23:14



味覚障害の私が健康に良いと思ったものまとめ!
by rigaruhai2014
その他のジャンル